本文へスキップ

不妊症

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.070-3828-8199

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-3F

不妊症とはinfertility

不妊症について

不妊症とは『とくに避妊せず妊娠希望をして定期的な性生活を送り2年以上妊娠しない場合」をいいます。これは日本の定義なります。

海外では「とくに避妊せず妊娠希望をして定期的な性生活を送り1年以上妊娠しない場合」をいいます。

日本と海外では不妊症における定義が1年も違います。これは日本と海外の不妊症に対する認識の違いがはっきりわかります。そのため、日本より海外の方が不妊症に対する取り組みが早く妊娠できる人が増えているのが現状です。

健康な男女が結婚して普通に性生活をおくると、1年以内に約80%、2年以内では約90%が妊娠ができているという結果が出ています。その反面、妊娠したくても妊娠できない人もでています。この方達が、不妊症といわれる方達です。

昔は10組1人だといわれていたのが、今では6組に1人になっており、急激に増えています。

不妊症は病気ではありません。一時的に妊娠する機能を失っている症状です。なので、その症状を改善することで妊娠することができるのです。


不妊症には鍼灸が効果的

不妊症に効果があるさまざまな方法の中で鍼灸治療は科学的な検証もなされていて、鍼灸の単独だけの不妊治療として効果があり妊娠率を高めることをご存知でしょうか。

昔から、東洋医学では不妊治療に鍼灸が効果的だと言われていました。そして最近、不妊治療で鍼灸が妊娠する可能性が高まると認められ、高度生殖医療を行う専門病院でも導入され、高度生殖医療の効果をさらに高めることが可能になっています。

不妊治療で鍼灸の歴史は長く中国4000年の歴史と伝統の中から医療的経験の積み重ねにより発展してきた経験医学の自然療法です。そして多くの方が自然妊娠できていた時代になります。

また、最近では鍼灸を併用した不妊治療により『妊娠率が大幅に向上する』と新聞やメディアなどでも紹介されています。さらにアメリカやドイツ、中国など日本以外にも数多くの海外研究グループによって『妊娠率があがった』という研究結果も報告されています。

不妊治療の進歩に伴い数年前よりも妊娠する理論がしっかりと確立され高度生殖医療ができるようになって妊娠できる可能性が高くなっています。実際に当院でも妊娠されている方が多数いらっしゃいます。

東洋医学において不妊治療で非常に大切なことは『妊娠しやすい身体作り』をすることです。つまり、妊娠する母親の身体が健康になっていることが重要です。

西洋医学では不妊症の原因を子宮や卵巣などの内臓やホルモンの異常が原因だと考えられています。ですが東洋医学ではこれらの内臓やホルモンの異常だけが原因だとは考えていません。

不妊鍼灸では子宮や卵巣などの身体の一部分だけ症状をみるのではなく、身体全体をみて総合的に体内バランスを整えることで子宮や卵巣の機能を向上させる不妊鍼灸を行い自然妊娠しやすい母体づくりをすると考えております。

また西洋医学的な不妊治療は非常に強いストレスや緊張状態が続きます。そして薬や精神的なストレスの影響で心身に負荷がかかり身体バランスが崩れる方もいます。しかし、鍼灸による不妊鍼灸は副作用がないので身体に負荷を与えることなく安心して受けることができます。

当院の不妊鍼灸は整体療法や鍼灸を用いた独自のハルモニア式懐妊メソッドで病状だけでなく、1人ひとりの体質や身体全体のバランス、ストレス状態などから総合的に判断して行います。

不妊鍼灸で体内バランスを整え良質な卵を育成排卵誘発剤の使いすぎで低下した卵巣機能の回復子宮の血液循環をよくして受精卵が子宮内に着床しやすくなるなど赤ちゃんができやすい体内環境作りを行い人間が本来もっている自然治癒力を最大限に引き出し常に健康な状態を維持させます。

『不妊治療を受けても妊娠できないで思い悩んでいる方』はは当院の東洋医学的な不妊鍼灸で妊娠しやすい体質に改善してみませんか?

当院は良質な卵を育て着床しやすい子宮内環境に整え身体が本来持っている『妊娠・出産力』を最大に活かせるよう不妊の体質改善のサポートを目指します。

はこちら


ハルモニア鍼灸整骨院ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀7-8-3F
TEL070-3828-8199